「カンジダ膣炎」は?

デリケイトゾーンにかゆみや痛みがある場合は、さまざまな関連が考えられますが、「カンジダ膣炎」という病魔かもしれません。カンジタは、淑女の膣の中に元々存在する常在バクテリアで、普段は大人しいバクテリアですが、体の免疫が落ちた場面などに繁殖して悪さを始め、カンジタ膣炎を発症するのです。こういう病魔は、淑女の5人類に1人類がかかるとも言われているので、よく知っておく必要があります。

カンジタバクテリアは、真バクテリア=カビの仲間で、膣だけでなく、スキンや口内、腸などにも生育していらっしゃる。基準、病態はありませんが、なんらかの関連にて繁殖し、デリケイトパートがかゆくなったり、おりものに異変が現れたりして、カンジタ膣炎を発症することがあるのです。

カンジタ膣炎は薬で完治しますが、再発しやすい病魔で、恢復した人の半分が再発を経験していらっしゃる。また、薬を使用しなくても、自然に癒えることもあります。膣内には、「デーデルライン黴菌」という常在バクテリアが存在して、乳酸を作り出しているので、膣の内を酸性に持ち、桿菌の感染を防いでくれていらっしゃる。こういう効能のことを「自浄効能」と言います。

だが、こういう自浄効能が低下したり、バクテリアが繁殖して自浄効能が追いつかなくなったりすると、病態が現れてくる。病態が続いたり、再発を何度も繰り返したりすると、子宮気持ち膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎といった感染症を発症することもあるので、病棟で規則正しい見立てを行うことが大切です。ミュゼ富谷イオンモールの全身脱毛、その人気の秘密は?